奈良市 債務整理

奈良市在住の人が借金返済に関する相談をするならどこがいいの?

借金をどうにかしたい

「なぜこんな事態に…。」
多重債務を抱え、借金が増え、自分ひとりではどうしようもない…。
そのような状態なら、すぐに弁護士・司法書士に相談するのが一番です。
司法書士や弁護士に借金・債務整理の悩みを相談して、解決方法を探しましょう。
奈良市で借金の相談をするなら、まずはネットの無料相談を試してみては?
パソコンやスマホから、今の自分の悩みや状況を冷静に相談できるから安心です。
このサイトでは奈良市にも対応していて、ネットから無料相談ができる法律事務所や法務事務所を紹介しています。
借金返済の悩み解決のために、できる限り早く弁護士・司法書士に相談することをおすすめします。

債務整理や借金の相談を奈良市に住んでいる人がするならココ!

弁護士法人サンク総合法律事務所

サンク法律事務所

奈良市の多重債務・借金返済の悩み相談なら、こちらがおススメです。
弁護士が対応してくれる、全国に対応している弁護士事務所。
初期費用が0円なので、手持ちがなくても安心です。
弁護士料金の支払いは、分割払いも可能です。
相談料金ももちろん0円!
借金取り立てのSTOPも可能。
個人再生、任意整理、自己破産、過払い金、など、借金や債務について無料で相談することができます。
しかも、365日24時間、いつでも受付OKです。
フリーダイヤル(電話代金0円)で相談受付してくれるので、お金に悩んでいる人も今スグ電話受付ができます。

弁護士法人サンク総合法律事務所
サンク総合法律事務所、電話
弁護士法人サンク総合法律事務所

↑↑↑↑↑
借金の悩み、今すぐ!電話受付OK!



アヴァンス法務事務所

アヴァンス法務事務所

(とくに女性にオススメ)
全国に対応している、債務・借金の悩みを相談できる法務事務所。
任意整理、自己破産、個人再生など、自分に合ったやり方で借金問題を解決します。
また、過払い金の請求は初期費用0円、戻ってきた過払い金から料金を支払えます。
任意整理においても、和解成功報酬や減額報酬などは一切支払わなくてよいので、おトクに解決することが可能です。
債権者数が1〜2件でも対応してくれるのも強みです。
女性専用の相談窓口(借金返済相談)もあるので、女性の人も安心して相談できます。
まずは気軽に無料相談からいかがでしょう。

アヴァンス・レディース
アヴァンスレディース

↑↑女性はコチラ↑↑
女性スタッフが対応してくれる、女性専用の窓口です。

アヴァンス法務事務所
アヴァンス法務

↑↑男性はこちら↑↑



司法書士法人みつ葉グループ

司法書士法人みつ葉グループ

コチラも全国対応の司法書士事務所なので奈良市に住んでいる方も相談できます。
こちらの司法書士事務所は、ラジオやテレビへの出演、雑誌などでの執筆など、多数のメディアにも取り上げられています。
人情派の司法書士とも呼ばれる代表の島田雄左司法書士は、大好きな映画「君の名は。」を映画館に6回も観に行き、毎回号泣してしまうほど涙もろい。
債務整理の料金は分割払いが可能なので安心です。
家族や職場にバレないよう徹底配慮をしてもらえます。
借金返済の問題は、1人で悩まないで、まずは気軽に無料相談してみませんか?

司法書士法人みつ葉グループ
司法書士法人みつ葉、電話
司法書士法人みつ葉

↑↑↑↑↑
人情派の司法書士へ無料相談



弁護士へ相談前の注意



他の奈良市近くにある法律事務所・法務事務所を紹介

奈良市には他にも法律事務所・法務事務所があります。これらも参考にしてください。


●奈良駅前債務整理相談センター(奈良法律事務所)
奈良県奈良市中筋町5-1
0742-23-1875
http://nara-saimuseiri.com

●ALEX綜合法律事務所
奈良県奈良市学園南3丁目1-5奈良市西部会館7階
0742-52-7330
http://alex-law.jp

●山岸憲一司法書士事務所
奈良県奈良市高天市町11-1
0742-20-1821
http://kcn.ne.jp

●上松法律事務所
奈良県奈良市花芝町6
0742-81-7162
http://ocn.ne.jp

●かえで司法書士事務所
奈良県奈良市西大寺本町2-20プラムキャッスル605
0742-30-1245
http://kaede28.com

●松本・板野法律事務所
奈良県奈良市登大路町11-1登大路プラッツ3F
0742-20-6686
http://matsumoto-itano.com

●M本司法書士事務所
奈良県奈良市東包永町71-2
0742-20-0550
http://daibutu.machimado.com

●樋口司法書士事務所
奈良県奈良市秋篠三和町2丁目11-2
0742-44-5100
http://h-syoshi.com

●司法書士大野法務事務所
奈良県奈良市鶴舞東町2-11松下興産ビル301号
0742-52-0855
http://ono-houmu.com

●奈良学園前村上司法書士事務所
奈良県奈良市学園北1丁目14-5平本ビル3階
0742-81-3371
http://murakami-shihou.jp

●奈良県司法書士会
奈良県奈良市西木辻町320-5
0742-22-6677
http://narashihou.or.jp

●森田功司法書士事務所
奈良県奈良市油阪町456MIT第2森田ビル4F
0742-22-1532
http://web1.kcn.jp

●奈良合同法律事務所
奈良県奈良市登大路町36大和ビル4F
0742-26-2457
http://naragodo.com

●はなしば法律事務所
奈良県奈良市花芝町16-1第2丸谷ビル2F
0742-20-0300
http://hanashiba-lo.com

●司法書士やまとみらい法務事務所
奈良県奈良市法華寺町1-5
0742-30-6360
http://yamatomirai.net

●奈良弁護士会
奈良県奈良市中筋町22-1
0742-22-2035
http://naben.or.jp

●南都総合法律事務所
奈良県奈良市高天町10-1
0742-26-2100
http://nantosogo.net

●大阪芙蓉法律事務所(弁護士法人)
奈良県奈良市高天町48-5
0742-24-7751
http://osakafuyo.jp

●山本泰生司法書士事務所
奈良県奈良市芝辻町2丁目10-26新田村ビル2F
0742-36-0616
http://sihoshosi.com

地元奈良市の法律事務所や法務事務所の門をたたき、直接相談するのもアリです。
ですが、直接相談よりも、インターネットでの無料相談や「診断シミュレーター」の方が、気負わずに相談できる方も多いのではないでしょうか。

借金返済や多重債務、奈良市に住んでいてどうしてこんなことに

キャッシング業者やクレジットカードのリボ払い等は、かなり高い利子が付きます。
15%〜20%もの金利を払わなければなりません。
住宅ローンの金利は0.6%〜4%(年間)ほど、車のローンの利子も1.2%〜5%(年間)ほどですので、ものすごい差です。
しかも、「利息制限法」ではなく「出資法」をもとに利子を設定しているようなキャッシング業者だと、なんと利子0.29などの高利な金利をとっている場合もあります。
非常に高い金利を払いながら、借金はどんどんふくらむ。
借金をしたのは自分の責任なので仕方ありませんが、利子が高くて金額も大きいという状況では、完済する目処が立ちません。
どのようにして返せばいいのか、もはや当てもないのなら、法務事務所・法律事務所に相談しましょう。
司法書士や弁護士なら、借金を返す解決策を捻り出してくれるはずです。
長期の返済計画になるかもしれませんし、過払い金を返してもらって返す金額が減額するかもしれません。
まず相談する、解決するにはこれが始めの一歩です。

奈良市/借金の減額請求について|債務整理

多重債務等で、借金の返金が困難な状態に至ったときに効果的な手法の一つが、任意整理です。
今現在の借り入れの状況を再度確かめて、以前に利息の支払い過ぎ等があれば、それらを請求する、若しくは現在の借入れとチャラにし、なおかつ現状の借り入れについて将来の金利をカットして貰える様に頼んでいくと言う手段です。
ただ、借入れしていた元金については、まじめに支払いをする事が土台で、利息が少なくなった分だけ、過去よりももっと短期間での返金が前提となります。
ただ、金利を払わなくてよい代わりに、月毎の払戻し金額は縮減されるので、負担が少なくなるという事が一般的です。
ただ、借金をしてる貸金業者がこのこれから先の利子に関連する減額請求に応じてくれないとき、任意整理はきっとできないでしょう。
弁護士の方に依頼すれば、間違いなく減額請求が出来るだろうと思う方もかなりいるかもわかりませんが、対処は業者によってさまざまであって、対応してくれない業者も在るのです。
ただ、減額請求に対応してない業者は物凄く少ないです。
したがって、現に任意整理を行って、消費者金融などの金融業者に減額請求を実施すると言うことで、借金の心配事が随分無くなると言う方は少なくないでしょう。
実際に任意整理ができるのだろうか、どんだけ、借入れの払戻が軽くなるかなどは、まず弁護士の先生に相談するということがお勧めなのです。

奈良市|自己破産のリスクとはどんなものか/債務整理

率直に言えば世の中で言われる程自己破産のリスクはそんなに多くないです。高価な車・土地・マイホーム等高価値のものは処分されるが、生きるなかで必要なものは処分されないのです。
又二十万円以下の預金は持っていてよいのです。それと当面数箇月分の生活費が一〇〇万円未満ならば持って行かれる事は無いのです。
官報に破産者のリストとして載りますがこれも極一定の方しか見てないでしょう。
又俗に言うブラックリストに掲載され7年間ほどはキャッシング若しくはローンが使用不可能な現状になるが、これは仕方無いことです。
あと決められた職種につけないと言う事があるでしょう。しかしこれも極少数の限られた範囲の職種です。
ですので債務超過で返金する事が不可能な借金を抱え込んでるのであれば自己破産を実施すると言うのも一つの進め方なのです。自己破産を実施したならば今日までの借金がすべて無くなり、心機一転人生をスタートすると言う事でメリットの方が大きいと思います。
又自己破産者は公法上の資格制限とし司法書士、公認会計士、弁護士、税理士等の資格は取り消されるのです。私法上の資格制限とし保証人・遺言執行者・後見人にもなれないのです。また会社の取締役等にもなれないです。しかしこれらのリスクはあんまり関係がない時が多いのじゃないでしょうか。リスクはあんまり大きなものじゃ無い筈です。

関連リンク、お役立ちリンクです。